HOME製品紹介 > F2GSS 2次元骨組応力解析及び鉄骨断面算定プログラム
Frame-2 Graphic Steel Structure for Windows
F2GSS 画面の特徴
Windows 7/8/8.1/10(32bit、64bit)対応
Frame-2 Graphic Steel Structure for Windows」は、「わかりやすく」、「使いやすく」、「結果の高精度」を特長とした、2次元骨組み応力解析及び鉄骨の断面算定プログラムです。
建築、土木、プラント、機械分野の構造設計ツールとして幅広くご活用いただけます。
入力データ生成プログラム
グリッド表示の交点にマウスをクリックするだけで節点が生成され、マウスで節点間をつなぐと要素を生成します。
入力データ生成プログラム
解析モデル,荷重図
節点、要素、拘束条件、プロパティー、部材集合および荷重図を表示します。
簡単に解析モデル、荷重状態の確認ができます。
解析モデル,荷重図
応力図
変形図・曲げモーメント図・せん断力図・軸力図を表示、印刷可能。変形量や曲げモーメント、せん断力、軸力の大きさは自動・手動設定が可能で最適な応力図の出力ができます。
応力図
Max Ratio図
断面算定荷重組合せケースの中で最大のRatioを表示します。安全率を満足しない場合は赤色で表示されNGの確認が容易にできます。

Max Ratio図
計算結果
応力計算・断面算定の結果を画面(エディタ)に表示でき、結果の確認が容易にできます。
計算結果
主な特長
  1. 入力データを自動生成するソフトウェアを搭載し、入力データを簡単に素早く作成することができます。
  2. 部材形鋼及び材質テーブルを搭載し、自由に追加・変更が可能です。
  3. 面外応力、追加応力を入力することにより、複雑な応力状態での断面算定ができます。
  4. 自動的に、柱、梁、ブレースの種別を行い、また、要素ごとに自由に変更できます。
  5. グルーピング機能を搭載し、部材長のグループと断面算定区間のサブグループの2段階に指定でき、経済設計が可能です。
  6. 断面算定結果の最大ratio図(設計応力/許容応力)を画面に表示することで、結果のチェックが容易に行えます。
  7. SI単位に対応しています。
動作環境
  1. 基本ソフトウェア
    Windows 8/8.1/10(32bit、64bit)のいずれか
  2. メモリ
    Windows 8/8.1/10(32bit、64bit)が稼働するメモリ容量
    1GB RAM(32bit) / 2GB RAM(64bit)
  3. ハードディスク
    空き容量10MB(本ソフトウェアのみ)
  4. ディスプレイ
    VGA以上の高解像度ディスプレイ
  5. プリンタ
    Windows 8/8.1/10(32bit、64bit)で使用可能なA4サイズ対応プリンタ
  6. その他
    上記基本ソフトウェアで使用可能なCD-ROMドライブ、マウス、キーボード
パッケージ内容
CD-ROM1枚(PDFファイル形式マニュアル付属)
※本製品には、基本ソフトウェア、プリンタードライバーは含まれていません。

標準価格(税込み)
230,000円(253,000円)

トップへ