PRODUCT INTRODUCTION

製品紹介

PALM-A
鉄骨梁の一連計算プログラム
本プログラムは、単純支持梁の等分布、不等分布、集中荷重による応力、たわみ計算、綱構造設計基準、同解説による鉄骨部材の断面算定、軸力、弱軸曲げの入力による組み合わせ応力の算定を一連で行います。

PALMAの
特長(概要)

PALM-A for Windows Ver1.0は単純支持梁の等分布、不等分布、集中荷重による応力、たわみ計算、鋼構造設計基準、同解説による鉄骨部材の断面算定、軸力、弱軸曲げの入力による組合せ応力の算定を一連で行います。
入力データをバッチファイルで事前に作成することにより、一括処理が可能となり、より使いやすくなっています。

参考文献

  • 鋼構造設計規準・同解説(日本建築学会)

動作環境

  • CPU
    Windows 8/8.1/10(32bit、64bit)のいずれかが稼動するパーソナルコンピューター
  • 基本ソフトウェア
    Windows 8/8.1/10(32bit、64bit)のいずれか
  • メモリ
    Windows 8/8.1/10(32bit、64bit)が稼働するメモリ容量
    1GB RAM(32bit) / 2GB RAM(64bit)
  • ハードディスク容量
    1MB以上
  • ディスプレイ
    VGA以上の高解像度ディスプレイ
  • その他
    上記基本ソフトウェアで使用可能なCD-ROMドライブ、マウス、キーボード
標準価格(税込み)60,000円(66,000円)